ラグビーのW杯で日本が南アを下した大番狂わせが話題になっていますね。スポーツにはあまり興味がないので流してしまっていましたが、SNS界隈では「ヤムチャがベジータを倒した」「ボールでシャアザクを倒した」など、さまざまな喩えが飛び交っておりました。こうやって比喩を使っていただければ、門外漢にもその衝撃のほどが伝わってくるというものです。(庶務課の光留)

 

続きを読む

こんばんは。このところほかの面々による真面目な投稿が続いており、私などが口を挟んで良いものかと思案しておりました次第ですが、庶務課の光留です。おそらく、これを読まれるみなさまにとっては、「テクノプロジャパンの」光留ですね。もちろん、会社では「庶務課の」光留です(厳密には「庶務課」ではありませんが)。

 

続きを読む

庶務課の光留です。小さいころ、我が家は定額のお小遣い制ではありませんでした。「何もせずとも毎月決まった金銭を渡す」という教育方針ではなかったのです。その代わりに、各種のお手伝いにつき、報酬という形で少額のお金をもらえる仕組みになっていました。たとえば、家の掃除は1回100円、お風呂掃除は50円、といった具合です(夜の食器洗いは、兄弟で持ち回りの無料の仕事でした)。

続きを読む

こんにちは。庶務課の光留です。名前の由来は、母が私の出生時に候補として考えていたものの1つです。いわば没ネームというわけです。そしてもう一点、「庶務課」の部分もペンネームであることを付け加えておきたいと思います。こちらは、社内でPCの設定から新卒採用、ひいては事務用品の買い出しまで、本業以外の部分をお手伝いすることが多かったことから取りました。弊社テクノプロジャパンには庶務課という部署は存在しませんのでご注意ください。

続きを読む