顧客に、

貴社を選ばせる翻訳を

about us

11人のプロフェッショナル・チーム

株式会社テクノ・プロ・ジャパン(TPJ)では、11名の翻訳者が社内で働いています。
その一人ひとりが、半導体、リーガル文書、マーケティング文書、コピーライティング、建築関係、レジャー・観光、そして最先端のIT・IoTなど、異なる専門分野・得意分野を持っています。
メンバーそれぞれが違うタレントを持ったプロフェッショナル集団、それがTPJです。

30年の実績

TPJは、平成元(1989)年に創業しました。
30年間お客様に支持し続けていただけたということは、大きな実績であり、誇りでもあります。しかし、時代は刻々と変化を続けています。5年後、10年後、そして次の30年後も、引き続きお客様に信頼し続けていただけるかどうかが、大きな挑戦であると考えています。
この30年間の実績を足がかりに、2019年、私たちは次のフェーズに歩みを進めます。

20代~50代まで、各世代に刺さる日本語を

TPJの平均年齢は37歳(2019年4月時点)です。
30代が多いものの、キャリアを積んだ40代・50代のメンバーもおり、20代中盤~50代までの各層の消費者・ユーザーと同じ目線で社会を見ています。
また、TPJの強みは、チーム内でのコミュニケーション・勉強会・フィードバックが活発であること。お互い尊重し合える仲間であるからこそ、自由なやり取りが増え、それぞれが持つ視野やナレッジがスムーズに共有されています。
お客様が伝えたい相手に、伝えたい言葉を。メンバー全員で各世代をカバーしているからこそ、それを可能にしています。

「何でも屋」ではない、偏狭なプロフェッショナリズムでもない

TPJは、一人ひとりが異なる専門を持った、言葉のプロフェッショナル集団です。
であるからこそ、無責任に、「なんでもできます」とは言いません。仕事欲しさに、全く勉強したこともない仕事を引き受けることは、いたしません。
しかし一方で、「この内容の仕事しか引き受けません」とも言いません。ITが社会のすみずみまで行き渡りつつある現代、どのようなフィールドでも、「IT+〇〇」といった知識の横断が当たり前になっているからです。各自が軸足となる専門分野を持ちつつ、学び続けることで、各自の専門分野を拡大しています。
私たちは「成長し続けるプロフェッショナル集団である」と自負しています。むしろ、成長し続けることが唯一の生存戦略であると、覚悟しています。

「売れる」翻訳を、「売る」ための言葉を

Google翻訳では、一つの文を左に入れると、右には一つの翻訳しか出てきません。
その翻訳も場合によっては「正しい」のかもしれません。しかし普通、翻訳は何通りも作ることができます。
例えば、“We” という単語は、「私たち」とも、「我々」とも翻訳できますし、またそれは、「わたしたち」とも、「われわれ」とも書くことができます。更に、長い文であれば、その文の語順を変えるだけで、ほぼ同じ意味を持つ何パターンもの文にすることができます。1つの文章から作り出せる「正しい」翻訳のパターンは、無数に存在するのです。
しかし、カスタマーに最も刺さる日本語、その製品が一番売れるようなコピー、貴社の売上を最大化する翻訳は、1つしかありません。
TPJは、その正解を貴社とともに考え、ご提供いたします。

発信する言葉が、会社のイメージと品格を決める

翻訳の役目は、貴社の製品やサービスの売上を伸ばすことにとどまらないと、私たちは考えています。
翻訳は、その質によって、貴社や貴社の製品・サービスを安っぽく見せてしまうこともあれば、逆にハイブランドに見せることもできます。どんなに素晴らしい海外の製品も、売られている通販サイトの翻訳がひどいと、消費者は「この製品と会社、大丈夫なのかな…?」と感じ、買うのを躊躇います。
TPJがお手伝いするのは、貴社のブランドやイメージを落とさないこと。そして、より高めることです。
貴社の言葉の質を担保すること。貴社のイメージを言葉で正確に伝えること。
翻訳を通じて、貴社のイメージ戦略における言葉のパートナーとしてお手伝いできましたら幸いです。

company info

企業情報

会社概要

法人名
株式会社テクノ・プロ・ジャパン
所在地
東京都千代田区神田駿河台2-11-16
さいかち坂ビル503号室
» 地図を見る
設立
1989年(平成元年)12月1日
代表者
代表取締役社長:梅田 智弘
代表取締役副社長:加藤 泰
資本金
600万円 (2019年4月1日現在)
従業員数
13名
主要取引銀行
三井住友銀行
住信SBIネット銀行
取引先
IT、IoT、AR/VR、半導体、医療機器、マーケティングをはじめとする国内外の企業

事業内容

対応言語
日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、スペイン語、その他
受注分野
・IT ・半導体 ・電気/電子 ・機械全般
・医療機器 ・リーガル(契約書など)
・観光/レジャー ・その他
取扱業務
・翻訳/レビュー
・キャッチコピーの翻訳・リライト
・トランスクリエーション
・既存の翻訳のブラッシュアップ
・動画字幕の作成・翻訳
・音声・動画データの書き起こし
・ナレーション
・DTP

沿革

1989年
横浜市にて創業
1996年
川崎市に移転
2001年
さいたま市に移転
2007年
東京都豊島区に移転
2015年
代表取締役に梅田智弘が就任
2016年
東京都千代田区に移転
2018年
代表取締役副社長に加藤泰が就任、現在に至る

about CI logo mark

ロゴマークについて

社名「TPJ」をモチーフにデザインしたCI(コーポレート・アイデンティティ)マークです。

調和と安定感、親近感をイメージさせる「黄金長方形」をフォーマットに据え、各オブジェクトを黄金比率で配置しました。左側の三角形は「T」を、中心の正三角形は「P」、そして右の三角形は「J」を暗示させます。

我々の業務は「翻訳」。左のオブジェクトが中心の「再生マーク」によって、形状が反転しているようにも見えます。「オブジェクト(言語であり、貴社の理念〜メッセージ)の質量や本質を変えることなく「刺さる」翻訳を行っていき、マーケットへ届ける翻訳を提供する」という理念を表現しました。