AI時代にTPJが人間の翻訳にこだわる理由

AIが翻訳に活用されるようになってからずいぶん経ち、もはや機械翻訳といえばAI翻訳を指す状況になりつつあります(AIが台頭していなかった頃は、用例を集めて参照したり、統計的手法を用いたりしていました。

観光・インバウンド翻訳 –生き物の名前は意外な落とし穴

観光分野の英日翻訳をしていると、珍しい動物や豊かな自然環境で知られる観光地を取り扱うことがよくあります。このとき、意外と「生き物の名前」に注意する必要があります(特に機械翻訳では派手な誤訳が多くなりが

(10)助動詞may:「ことができる」ではないかもしれない

こんにちは。テクノ・プロ・ジャパンの法務翻訳担当です。今回は助動詞mayについてです。   まずは「may」に関する基本知識…

「読むための受験英語」縁起:本講座に対する思い

このたび、「読むための受験英語A」「読むための受験英語B」の動画販売を開始することになりました。つきましては、両講座に対する「思い」のようなものをここに記録しておきたいと思います。…

【翻訳会社TPJ スキルアップセミナー】「読むための受験英語B」を公開しました! 【Udemy】

🌸以前オンラインで実施した翻訳者・英語学習者向けセミナー「読むための受験英語B」をUdemyで公開しました🌸   タイトル   【翻訳会社TPJ…

【翻訳会社TPJ スキルアップセミナー】「読むための受験英語A」を公開しました! 【Udemy】

🌸以前オンラインで実施した翻訳者・英語学習者向けセミナー「読むための受験英語A」をUdemyで公開しました🌸   タイトル   【翻訳会社TPJ スキルアップセミナー】…

観光・インバウンド翻訳 – 読者に安心感を与える「自然な日本語表現」

企業や、製品、観光案内のウェブページを一目見て、「外国語からの翻訳だな」と感じた経験はありませんか?よほどの大手ブランドでないかぎり(いえ、ときには大手ブランドであっても)、そのような印象は企業や製品

情報漏洩対策にNDA(秘密保持契約):翻訳依頼時の要注意ポイント

翻訳が必要な文書があるので、ネットで翻訳会社を探し、原稿を送付すると同時に見積もりを依頼した。無料の自動翻訳サイトに原稿をアップしてみた。そんなご経験はないでしょうか。実はいずれの行為も情報セキュリテ

動画全盛の時代。自社ビジネスの海外PRに動画を活用する

世の中には日常の一コマからスポーツ、エンタメ、アート作品まで、さまざまな題材の動画が溢れています。ふだんの生活の中で、もはや動画を目にしない日はないと言っても過言ではありません。  …

(9)条・項・号とclause、section、paragraphその他:個人的な悩みどころ

こんにちは。テクノ・プロ・ジャパンの法務翻訳担当です。今回も「条・項・号」などについての話を続けます。前回はその基本的な使い方と、同じような場面で使われる英語表現をご紹介しました。そのうえで、訳す場合

翻訳と併せて考えるべき「ローカライズ」とは?

「ローカライズ」という言葉を聞いたことはありますか?…

(8)条・項・号とclause、section、paragraphその他:基本のはなし

こんにちは。テクノ・プロ・ジャパンの法務翻訳担当です。今回のテーマは「条・項・号」です。最近、訳文を検討しているときにふと、この問題に少なからず悩まされていることを思い出しました。…